8時間睡眠より起床時間

光療法推進委員会

8時間睡眠より起床時間

よく、8時間くらい寝る必要がある!っていう方がいらっしゃいますが、これにあまりこだわるといいことはありません。

もともと、この「8時間寝なければいけない」と言い出したのは40年以上も前に睡眠学の関係者らしいのですが、その根拠は、統計結果で平均8時間の睡眠時間だったから、というだけだそうです。

だいたい、睡眠時間の分布はどうなっているかというと、

  • 睡眠時間が6ー9時間の人は全人口の80~90%
  • 睡眠時間が6時間未満の人は全人口の5~10%
  • 睡眠時間が9時間以上の人は全人口の5~10%

といったところです。

別の睡眠学者によっては、2日で合計8時間で充分、という方も
います。

また、別の実験で長く眠る人たちを心理面から調べたところ、
睡眠を「起きているときの苦痛の多い生活からの逃避」と
考えているらしいです。

このように見ていくと、「睡眠時間」に関して、あまり悩んでも、
しょうがないということがおわかりいただけますでしょうか?

それよりも、毎日の起床時間を気にしたほうが100倍意味があります。どんなに遅く寝ても必ず定時に起きる。
これが大切です。

このようにしてできた規則正しい睡眠リズムが、
あなたの睡眠の質をだんだん改善していくでしょう。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.