枕は睡眠の友です。

あなたと枕の相性が悪いと、肩こりなどの筋肉痛や、いびきや呼吸困難など睡眠の質を著しく低下させます。ですから、枕を選択することは、睡眠の質を選択することにもつながります。

枕を選択する場合は、以下の3つのポイントをおさえましょう。

  • 高さ

    頚椎のカーブに自然にフィットするような高さがいいでしょう。
    目安として自分のこぶしくらいの高さです。
    また、横向きになったときの高さも確認しておきましょう。

  • 大きさ

    余り小さいのはおすすめできません。寝返りを打っても頭が落ちない大きさを選んでください。
    目安としては、横幅は60cm位、奥行きは40cm位です。

  • 素材

    睡眠中は、汗をかくので、通気性のよいものがよいものがいいでしょう。
    また、枕の固さというのも、個人の好みがありますので、それにあったものを選びましょう。
    一般的に、柔らかい敷布団を好む方は、柔らかめの枕を好み、固めの敷布団を好む方は、
    固めの枕を好みます。素材としては、フェザー、低反発ウレタンフォーム、パルプ素材、そば殻、
    ヒノキチップなどいろいろあるので、その中からお好きなものを選んでください。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.