寝どき、目覚めどき

光療法推進委員会

寝どき、目覚めどき

生体リズムによって睡眠のタイミングというのは、ある程度決まってきます。

たとえば、寝どき(寝入りやすいタイミング)は、体深部の体温が下がりきっている時で、一般的には午後11時~午前0時までの間といわれています。

また、目覚めどきは(気持ちよく起きれるタイミング)は、レム睡眠中に起きることで、意識がスムーズに覚醒状態に移行できます。

レム睡眠、ノンレム睡眠の周期は大体90分周期ですので、午前0時に寝たとすると、朝6時~7時30分の間に起きればスムーズに覚醒状態に移行できるでしょう。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.