眠りの表情

光療法推進委員会

眠りの表情

一日が終わって、ベットに入ると、今日あったいろいろな事件や悩み事、怒りに感じたこと、などが走馬灯のように
駆け巡ったりしませんか?

  • ちくしょう、なんてヤツだ、許せない、、
  • あんな失敗をしてしまった、どうしよう、、、
  • アホなやつについていくと疲れる、、、
  • 今日も、別に楽しいこともなかったなあ、、、
  • すごい重大な仕事やってるのに、あんなしょうもない
     緊急の仕事させるなよな、、、、、

などなど、感情と共に心の叫びが響きます。そんなとき、あなたの顔はどんな感じでしょうか?

まるで阿修羅顔(笑)??

そう、これが、寝つきを悪くするひとつの原因なんです。

やっぱり、平和な心が寝付きをよくします。でも、簡単に平和な心になれないですよね?そのようなときは、自分の顔の表情をスイッチとして使いましょう!

自分が平和な時の顔を作ってみます。結構、無意識に歯を食いしばっているので、あごのあたりをマッサージしてリラックスさせます。

そして、モナリザの微笑みのように、微笑してみましょう。

これこそ、寝つきの良くなる顔相です(笑)これだけで、結構、リラックスして心が平和になり、寝つきが良くなったりします。

どうぞ、お試しあれ!

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.