羊が一匹、二匹と数える

光療法推進委員会

羊が一匹、二匹と数える

眠れないときは、ひつじが一匹、ひつじが二匹、、って数えると眠れるといいますね?本当に眠れるんでしょうか?普通の人は眠れません(笑)

なぜなら、真面目に数を数えること自体に集中してかえって目が覚めてしまうからです。

この「ひつじを数える眠り方」で眠れる理由はいくつか説があって、

1.単調な刺激が睡眠を誘導するという説

2.Sleep(眠る)とSheep(ひつじ))の発音が似ている説

3.欧米人にとってひつじは心の休まる象徴的なイメージ。ひつじのイメージを用いてリラックスから睡眠への誘導に用いているという説

などがポピュラーです。

1番目はともかく、2番目は日本語に翻訳した時点で意味が違っていますし、3番目も日本人には存在しない概念ですから意味がありません。これでは眠れませんね(笑)

そこで、4番目の説です。これは他の説より圧倒的に実践的です。もしひつじを数えたくなったらこの説を思い出してください(笑)

4.睡眠へ導くための呼吸音からとった説

これは、シープ、シープ、、、、といい続けることで、呼吸を整え睡眠へ誘導するという説です。ここでのポイントは、シープという発音にあわせて呼吸をすること
なんです。

つまり「shee(吸う)」→「poo..(吐く)」を繰り返す。

シープという音をうまく利用して呼吸を整えよう、っていう賢い
アイデアです(笑)

今日からこれで熟睡できるかもしれませんよ。
ためしにやってみてはいかがでしょうか?

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.