ストレスと光療法

光療法推進委員会

ストレスと光療法

健康な人が光療法を行うことでストレスをなくし、活力を改善することができるか?

研究者: T. パルトネン(下記aとbに所属)、ジューク・ルーンビスト(下記bに所属)
a.精神医学部、ヘルシンキ大学、フィンランド
b.精神面での健康を研究する部門およびアルコール研究部、国立公衆衛生研究所、フィンランド冬季性感情障害ジャーナル

目的 日中オフィスで働く人々が冬期に起こる症状の度合いを測定し、体の様々な機能や活力、
精神面や対人関係において光療法が与える影響を分析。
内容と方法 1996年にIBM、ゼロックスおよびフィリップス・フィンランドの3社から約1,250人の
調査対象を補充。
被験者は営業時間働く健康な男女。
実験内容

下記の(A)(B)を交互に実施。
(A)光療法を4週間コースで2度行う。
(B)光療法を行わない期間を4週間コースで2度行う。

被験者は、1週間に少なくとも5日継続的に最低1時間、仕事場または自宅で光療法を実施。

被験者は実験する1日目にプレインターベンション・エクスペクテーション・アンケート(PEQ)
およびシーズナル・パターン・アセスメント・アンケート(SPAQ)を記入。

被験者は実験を行う1週目と実験期間のそれぞれの4週間コース後に、
心理的な徴候プロフィールおよびストレスを測定するストレスの徴候チェック表(SCL-90)、
および36項目の健康調査 1.0 (RAND)を受けた。

前者で、SADの徴候がある患者と、被験者を含む一般の人のスコアーを比較。
後者は一般の人の健康面での変化を表す。

調査対象の特性(n=160)

  • 平均年齢41.2歳(22~62歳まで)
  • 女性:63%、 男性: 37%
  • 冬期季節性感情障害徴候者: 48%

除外対象:
進行性の目の病気、重い病気、アルコールや薬物の中毒性、および精神病を持った者。
(例:人格障害、精神的混乱)

結果

実験期間の4週目および12週目に調査した結果、光療法の照射を繰り返すことで、
活力が増し、憂うつな気分、対人関係が改善。

この結果は、季節に依存する症状に関する以前の得点に関連しない。

実験1週目に受けたプレインターベンション・エクスペクテーション・アンケートから活力、
憂うつな気分、対人関係の改善は説明されない。よってこの研究の中でのプラシーボ結果に対する
反論がある。

光療法の使用によって起こった副作用は、8人により報告され、その内の2人が副作用の
原因で実験を辞退。


活力(RANDテストの結果)

憂うつさ(SCL-90テストの結果)
結論
  • 冬季中の光療法の継続は活力を改善し憂うつさを減少。
  • 調査対象だった会社は管理者および従業員は光療法を続けている。
臨床の含意

冬季に屋内で働く健康な被験者にとって光療法は活力の改善および
精神的なストレスを和らげるのに効果的であることが明らかにされている。

光療法を冬季に実施することが、大半の人にとって活力の改善および
精神的なストレスを和らげるのに効果的であることかどうかは研究中である。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.