オフィスで光療法

光療法推進委員会

オフィスで光療法

オフィスで光療法を実施すると仕事を実施する上で効果的か?

研究者: H.J.C.Hinnen
アプリケーション・テスト・センター、フィリップス・DAP BV Drachten、オランダ、1999年

目的 冬季に室内で働いている人々の体の様々な機能や活力、精神面や対人関係において
光療法が与える影響を分析。
内容と方法 レーウワルデンおよびザーンダムにある大手保険会社、Avero B.V.、
アイントホーヴェンにある住宅建築組合SWS、およびDrachtenにある電気カミソリ工場
フィリップスDAPの3社から200人で実行された。
実験期間 1999年秋~2000年冬
実験内容 被験者は1日2,500ルクス当たり最低2時間、オフィスで6週間光療法を実施し、その後、
調査用アンケートを記入。
結果
  • 57.2%:仕事がはかどるようになった
  • 47.9%:陽気になった
  • 36.3%:仕事後の活力が上がった
  • 35.7%:集中力が増した
  • 29.9%:仕事の効率が良くなった
  • 27.3%:機敏になった
  • 23.9%:間食が減った
  • 23.7%:目覚めがスッキリする
結論
  • 被験者の半分以上(52.5%)が光療法の効果に満足し、光療法を継続したいと述べた。
  • 調査に協力した会社は、光療法を継続することを決定。
認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.