20-50代女性の睡眠障害

光療法推進委員会

20-50代女性の睡眠障害

20-50代の女性1214人に対して、千趣会が20-50代女性の「普段の睡眠」についての調査結果を発表しました。

要約すると、

  • 「眠りの深さに満足していない」という人は37.2%、
  • 「寝つきが良くない」という人は30.8%だった。
  • 「眠っても疲れがとれない」という回答が36.5%あった。

つまり、3人に1人の割合で、睡眠の悩みを持っています。

理由は、「ストレス、考え事」という回答が最も多く、次に、「子育て」と言う結果となっています。

また、その対策法としては、

  • 「ゆっくりお風呂に入る」40.8%
  • 布団をあたためる」24.2%
  • 寝る前に本を読む」23.1%
  • その他、「ストレッチなど体操をする」「アロマテラピーなど香りを楽しむ」「ベッド、布団など寝具を選ぶ」

となっています。

この結果は、最近の睡眠不足、睡眠障害の傾向を益々顕著に表しています。睡眠の調査は、過去にいろいろな団体が行っていますが、だんだんとその悪化しています。

  • 20-60代の男女1,000人の調査で、5人に1人
  • 10万人規模の中高生の調査で、4人に1人
  • そして今回、20-50代女性の調査で、3人に1人

調査対象が毎回異なるものの、日本の睡眠事情の悪化は顕著に見て取れるのではないでしょうか。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.