光療法による早朝勉強法

光療法推進委員会

光療法による早朝勉強法

早朝勉強法という言葉を最近良く聞くようになって来ました。
なぜかというと、勉強法のプロが書いた本の中に、早起き勉強法、早朝勉強法、朝30分の勉強法...というように、早朝に勉強することの優位性を説く本が多く出版されているからです。

そして、光療法を使った「勉強法なら早朝勉強法。勉強効率3倍アップ!」というサイトもオープンしました。早朝勉強法というのは、一言でいうと、夜勉強するよりも、早朝に勉強する方が、その勉強効率や効果がはるかに良く、メリットが大きいということです。

なぜ、早朝が良いかはの説明は、そのサイトに詳しく書かれいますので、ここでは簡単にだけ触れますが、休息明けの早朝の脳はドーパミンやアドレナリンという神経伝達物質が十分に出ていて、やる気が出たり、覚醒効果があったりして、脳自体の働きが一番よい時間帯であるということす。そして、それを早朝勉強法として利用しようという訳です。

これは、脳科学的にも立証されており、それを実践して成功されて本を執筆されている方が何人もおられますので、事実のようです。

早朝勉強法は難しい?!

しかし、早朝勉強法で問題なのは、早起きを習慣化することが現代人にとってとても難しいということです。また、一発根性で起きて早起きしたとしても、その質が問題で、起床後に一気に覚醒度を上げて、脳が良く働く状態にならなければ、早起きの意味がありません。無理矢理起きると、タダ眠いまま引きずることがままあり、早朝勉強法としては機能しません。

早朝勉強法の良さがわかっても、このように、早朝に起きるのが現代人にとってとても苦手なわけで、しっかり起きて覚醒しない限り、脳を最高の状態で上手く使うことが出来ないわけです。
前置きが長くなりましたが、そこで登場するのが光療法です。

光療法をうまくつかえば、朝型生活習慣を見つけるのが、かなり容易になり、早朝勉強法を実践しやすくなります。特に光療法を使わなくても、意志の強い方であれば出来るわけですが、それを長期にわたり継続することは並大抵のことではありません。残業があったり、飲み会が合ったり、出張が合ったり、冬場の寒さで起きれなかったり、様々な阻害要因が取りまいています。

このサイトでは、光療法を使って、どのように早朝勉強法をできるように生活を切り換えていくかが紹介されており、やってはいけないことも同時に書かれていますので、成功する確率が高まるかと思います。

特に、時間のない社会人で勉強に励みたい方には、一読の価値があります。
「勉強法なら早朝勉強法。勉強効率3倍アップ!」

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.