不眠と色の関係

光療法推進委員会

不眠と色の関係

ストレスを軽減する色というのがあるそうです。
東洋経済オンラインマガジンによると、それはズバリ「ブルー系統の色」の色だそうです。

世の中、ストレスが蔓延しています。特に、職場での人間関係だそうです。上司との人間関係、同僚との人間関係、過重労働などなど。私達は、不満や不安を抱えながら日々の生活を送っている私たちですから、少しでもストレスを回避できる色に気を止めてみるのも良い方法です。

『不眠解消の青紫』

人間にとって、最大の休息は睡眠であることは言うまでもありません。睡眠の質がわるくなると、心身の至るところに不調が現れます。ひどい場合は、心の病気になります。比較的軽い場合でも、その人の能力を十分発揮した行動をとることはできなくなります。

質の良い睡眠をとるには、ブルー系統の色が最適だそうです。青や緑などの寒色系の色は、副交感神経に働きかけて血圧・脈拍・呼吸数などを低下させ、精神を安定させリラックスさせてくれます。

特に青はその効果が高いことがわかっていますので、興奮したときやイライラしたときは、積極的に、青色の環境に逃げ込みましょう。脳波もリラックス状態を示すα波が出現することで催眠が促されます。

不眠でお悩みの方には、寝室全体をブルー系の色にする、あるいは、ポイントとしてブルーが目につくようにすることなどやって見ると良いかも知れません。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.