睡眠障害と不登校や引きこもり

光療法推進委員会

睡眠障害と不登校や引きこもり

中学・高校生の4人に1人が不眠という衝撃的なニュースが流れたのが、丁度今から1年前である。

そして今回、友田明美准教授(熊大大学院小児発達社会学)が、講演会にて、睡眠障害が不登校や引きこもりに大きく影響しているとの調査結果を発表した。

4人に1人が不眠というニュースが流れたときも、夜型生活やストレスが睡眠障害の原因で取り上げられたが、今回も同様の考えが示された。

解決策としては、メリハリのある生活などの予防に力を入れることが必要とのこと。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.