光療法はこんな方に

光療法推進委員会

光療法はこんな方に

断眠療法によるうつ病治療

うつ病患者を夜間に眠らせない「断眠療法」の歴史は古く、1971年にその効果が確認されて以来、これまでに全世界で数多く適用され、その高い有効性が実証されています。 断眠療法の特長 一晩の断眠直後から効果がでる。 有効率は約…続きを読む

慢性疲労症候群

ここで説明する慢性疲労症候群は、一般に大人の場合で、症状は類似していても子供の場合と事情が少々異なります。大人の場合でも、慢性疲労症候群の情報は非常に少なく、まだ十分に解明されていない疾患です。 この病気を専門に扱ってい…続きを読む

日光の入らない部屋に住んでいる方

日光の入らない部屋に住んでいる方にも、冬季うつ病と同様の症状が出る場合を多く見かけます。 アパートや一人暮らし用のマンションでは、太陽光がほとんど入らない部屋が多くあります。特に、立て込んだ住宅地では、建物と建物の間が狭…続きを読む

うつ病治療と高照度光療法

うつ病治療に光療法が有効であることが実証されたことを紹介。うつ病治療には抗うつ剤など他の治療法と光療法の相乗効果で行うのが効果的である。また、うつ病と睡眠障害は双方向の相関関係があることを紹介し、睡眠障害にも効果のある光療法は、この点からもうつ病治療に有効である。

朝起きれない、眠れない、昼夜逆転

「朝起きれない、眠れない、昼夜逆転している。」 これは、睡眠障害や不眠の方が頻繁に口にする言葉で、現代社会ではひじょうに多く聞かれるようになりました。また、冬季うつ病の方が「朝起きれない」という言葉で症状を訴える場合もあ…続きを読む

夜勤・交代制勤務の睡眠障害・不眠

夜勤は、交替制勤務やシフトワークと様々な言葉で呼ばれます。24時間社会となった現代では、夜勤は特別な職務形態では無くなってきました。人間のもつ生体リズムに対して無理な労働を行っているわけですから、夜勤による不調や事故が多…続きを読む

長期入院で体調(生体リズム)が崩れ気味の方

長期にわたる入院というのは、人間にとって、生体リズムの点では非常に厳しい環境といえます。生活活動範囲が著しく限られ、会う人間が固定化して会話も限られ、体験する事柄も限られれ、要は社会的に極端に制限されてしまうからです。 …続きを読む

高ストレスのビジネスマンの不眠

ビジネスマンの高ストレスによる睡眠障害や不眠は、ほとんどの場合、問題は本人の自己意識にあるように感じます。もちろん、自ら進んで睡眠障害や不眠になりたいと思う人はいないわけで、その背景には、ビジネス環境の厳しさ、人間関係、…続きを読む

アルツハイマー型認知症患者の昼夜逆転・せん妄・介護

アルツハイマー病や認知症患者の方の中には、昼夜逆転、夜間せん妄・徘徊といいった症状を引き起こす方がおられます。このような症状が発生すると、家族の介護や、介護施設での負担は急激に重労働化してきます。 このような症状の背景に…続きを読む

高齢者の不眠と睡眠障害

人間は高齢になると不眠の症状が出やすくなります。 具体的には、夜中に目が覚めやすく、逆に昼間に居眠りをしてしまがちになり、早朝から起きてしまって寝られないという症状です。人間が本来持っている生体リズムの働きが弱ってくるた…続きを読む

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.