生体リズム障害の増加

光療法推進委員会

生体リズム障害の増加

このように、24時間社会への変化による不眠の増加、ストレスの増大(ビジネス環境、育児など)による不眠の増加、国民の高齢化による不眠の増加など、人間が本来持っている生活リズムにかかわる障害が急増しています。

生体リズムは人間の生命維持に深く関連したものなので、これが狂ってくると単に生活リズムの不調にとどまらず、心理学的な要因と結びついた不眠症や、うつ病などの精神疾患と結びついた障害へと発展してしまう場合があります。症状が慢性化して重大な合併症を引き起こさないうちに、早めに医療機関を受診して適切な診断をうけることが大切です。

生体リズムは人間の生命維持に深く関連したものなので、これが狂ってくると単に生活リズムの不調にとどまらず、
心理学的な要因と結びついた不眠症や、うつ病などの精神疾患と結びついた障害へと
発展してしまう場合があります。症状が慢性化して重大な合併症を引き起こさないうちに、早めに医療機関を受診して
適切な診断をうけることが大切です。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.