アテネ不眠尺度チェック

光療法推進委員会

アテネ不眠尺度チェック

不眠を測る世界的な基準である『アテネ不眠尺度』は、意外と項目が少なく、算出方法も簡単です。これも病院にかかる際の判断基準として役に立つものです。非常に簡単なので是非やってみてください。

やり方:
過去1ヶ月以内に、少なくとも週3回以上経験したものをチェックしてください。

Q1.あなたの寝つき(布団に入ってから眠るまでに必要な時間)はどうですか?

  • (0)いつも寝つきはよい
  • (1)いつもより少し時間がかかった
  • (2)いつもより少し時間がかかった
  • (3)いつもよりかなり時間がかかったか、全く眠れなかった

Q2.夜間・睡眠中に目が覚め、困ったことはありますか?

  • (0)問題になるほどではなかった
  • (1)少し困ることがあった
  • (2)かなり困っている
  • (3)深刻な状態か、全く眠れなかった

Q3.起きたい時間より早く目覚め、それ以上眠れなくなることは?

  • (0)そのようなことはなかった
  • (1)少し早かった
  • (2)かなり早かった
  • (3)非常に早かったか、全く眠れなかった

Q4.あなたの総睡眠時間は?

  • (0)十分である
  • (1)少し足りない
  • (2)かなり足りない
  • (3)全く足りないか、全く眠れなかった

Q5.全体的な睡眠の”質”はどうですか?

  • (0)満足している
  • (1)少し不満
  • (2)かなり不満
  • (3)非常に不満か、全く眠れなかった

Q6.日中の気分はいかがですか?

  • (0)いつも通り
  • (1)少しめいった
  • (2)かなりめいった
  • (3)非常にめいった

Q7.日中の身体的・精神的な活動はどうですか?

  • (0)いつも通り
  • (1)少し低下
  • (2)かなり低下
  • (3)非常に低下

Q8.日中の眠気はありますか?

  • (0)全くない
  • (1)少しある
  • (2)かなりある
  • (3)激しい

判定法:
選択した数字を合計して、以下の表で当てはまる項目を見てください。

  • 1~3点 睡眠障害の心配なし
  • 4~5点 不眠症の疑いが少しあります。
  • 6点以上 不眠症の疑いあり。医師に相談してください。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.