生体リズム

光療法推進委員会

生体リズム

通常、私たちの身体は日中に活動し、夜間には睡眠をとるようにプログラムされています。この睡眠時間帯を決定しているのが、“体内時計”と言われる特別な時計=“生体時計”です。

しかし、現代のビジネスマンには、夜間に活動する人、昼夜不規則に活動する人など労働時間が変則的な人が増えています。親の生活パターンが夜型となるにつれ、子供の生活習慣もも夜型に移行して慢性的睡眠不足を引き起こしています。また、学生では受験勉強のために夜遅くまで頑張ったり、深夜までテレビを見たりして、極端に夜型の生活を続けている人も少なくありません。

このため、生体時計が正常に働かなかったり、たとえ正常に働いたとしても、それが自分の眠りたい時間と合わなかったりして、不都合な時間帯に眠気がおそってくるようになります。このように、生体リズムが狂うことによって起きる睡眠障害が、概日(がいじつ)リズム睡眠障害といわれます。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.