睡眠ホルモン

光療法推進委員会

睡眠ホルモン

ノンレム睡眠の必要なもう一つの理由として、成長ホルモンの分泌があげられます。脳が深い眠りに入ると成長ホルモンが分泌され、人間の健康な身体の維持に重要な役割を果たしています。

成長ホルモンは細胞の新陳代謝を促して、皮膚や筋肉、骨などを成長させ、日中の活動で傷ついた筋肉や内臓などを効率よく修復する働きがあります。つまり、深い睡眠がなければ、人間の身体と脳の再生機能がうまく働かないのです。私たちは、心と身体の健康を保つためにも眠る必要があるのです。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.