睡眠障害とは

光療法推進委員会

睡眠障害とは

睡眠障害と一口に言っても、様々な症状があり多岐にわたります。眠れないという障害もあれば、寝過ぎてしまうという障害もあります。ここでは、すべてに睡眠障害をカバーするのではなく、現代社会の構造に起因する「不眠」に主にフォーカスをあてて見ていきます。

睡眠障害はさまざまな形で分類されていますが、ここでは患者の立場から理解しやすいように、その要因別にまとめてみました。あなたの睡眠の現状とその要因別の障害を比較してみれば、より理解が深まることでしょう。
また、これらの要因はそれぞれが関連しあっている場合が少なくなく、実際に睡眠障害を持つ患者は、当てはまる項目が複数あることがあります。そのため、不眠は一筋縄では回復しない場合が多く見られます。

睡眠障害の要因と種類

主な要因 概説 疾患の例
1.心理的要因 引っ越し、結婚、出産、昇進などのライフイベントや、仕事あるいは家族のトラブルといった長期にわたるストレスなどによっておきる睡眠障害です。一過性のものから次第に慢性化し、現代社会で急増しています。 不眠症(精神生理性不眠症)
2.精神医学的要因 うつ病、統合失調症、依存症などの精神疾患による睡眠障害です。1ヶ月以上の長期の不眠の場合に多く見られます。WHOによると、うつ病患者は人口の3-5%まで急増しているため、これに伴い睡眠障害も急増しています。 うつ病に伴う睡眠障害
・気分障害
・不安障害(パニック障害、PTSD)
・精神分裂障害
3.薬理学的要因 病院で処方される降圧剤、ステロイドなど種々の薬の副作用として発生する場合と、日常生活の中で摂取するアルコール、カフェイン、ニコチンなどの嗜好品も原因でおきる場合の睡眠障害があります。 アルコール依存睡眠障害
4.生理学的要因 時差ぼけ、交代制勤務、入院、受験、引きこもり(不登校やニートなど)などによる睡眠障害で、本来の身体のリズムが狂うことにより起こります。これも、現代社会では急増しています。 概日リズム睡眠障害
・睡眠相後退症候群
・時差症候群
・交代勤務睡眠障害
・昼夜逆転
  
5.身体的要因 身体の異常と関わりのある睡眠障害で、腫瘍、心疾患、消化器疾患、呼吸障害などの身体的疾患によりおきる場合があります。 睡眠時無呼吸症候群

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.