睡眠時無呼吸症候群

光療法推進委員会

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、夜間呼吸停止によって深い睡眠が得られず、また、何度も目を覚ましてしまうため睡眠不足となり、日中に強い眠気を引き起こす病気です。

代表的な症状は、途切れがちに続く大きなイビキです。本人は気付かないことが多いのですが、病気に気づかないままでいると思わぬ事故を招きかねませんので、家族からこうした症状を指摘された場合には注意が必要です。新幹線の運転士が時速270kmで居眠り運転をしたことで一般に知られるきっかけともなりました。

原因として、肥満、咽喉頭部の形態的異常、中枢神経疾患などがあります。また、睡眠時無呼吸症候群が、高血圧症、虚血性心疾患、肥満症、脳血管障害などを悪化させるともいわれています。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.