光療法の情報

光療法推進委員会

光療法の情報

青色光の危険性

青色光は覚醒度を上げる効果はありますが、同時に重篤な眼の傷害の危険性も伴います。週刊文春2010年7月1日号に、『iPad「青色光」が心と体を蝕む』という記事が掲載され、主に夜にLEDの光を浴びる問題が指摘されましたが、…続きを読む

不登校と慢性疲労症候群

不登校が慢性疲労症候群の状態にあることが、熊本大学医学部の三池輝久先生(現在は兵庫県立兵庫県立リハビリテーションセンター中央病院勤務)を中心に解明されました。ここでは、その研究成果をインターネットで公開されているものから…続きを読む

うつ病治療 その1

うつ病、睡眠、光療法関連の文献を、比較的新しいものを中心に集めてみました。これらの文献を読むと、高照度光療法のうつ病に対する有効性の認識は、ここ数年でかなり変化して、肯定的になっていることがわかります。

うつ病治療 その2

うつ病のパートを二つに分けたのは、この二つめのパートの内容が、脳科学の分野に踏み込んで、一般の人には難解過ぎるものだからです。ただ、これらの研究が最近のうつ病と不眠の相関を明らかにする重要な根拠となっている重要な文献です。

概日リズム睡眠障害の改善例

概日リズム睡眠障害については、こちらを参照してください。

冬季うつ病と高照度光療法

冬季うつ病の治療は、光療法が第1選択となります。投薬よりも効果が高いとされています。

冬季うつ病は、光療法で70%の患者に何らかの効果が得られているとされていますが、当委員会が行った結果では、90%以上の患者に顕著な効果が現れており、一般に言われている値よりもかなり高くなっております。

オフィスで光療法

オフィスで光療法を実施すると仕事を実施する上で効果的か?

研究者: H.J.C.Hinnen
アプリケーション・テスト・センター、フィリップス・DAP BV Drachten、オランダ、1999年

夜勤と光療法

夜勤・シフトワークは、生体リズムにとって過酷な仕事環境です。加えて、現代は24時間社会となり、夜勤が珍しく職種ではなくなってきています。夜勤に対して、正しい理解、環境整備、交代システムの構築が重要となっています。

ストレスと光療法

健康な人が光療法を行うことでストレスをなくし、活力を改善することができるか?

研究者: T. パルトネン(下記aとbに所属)、ジューク・ルーンビスト(下記bに所属)
a.精神医学部、ヘルシンキ大学、フィンランド
b.精神面での健康を研究する部門およびアルコール研究部、国立公衆衛生研究所、フィンランド冬季性感情障害ジャーナル

アルツハイマー型認知症患者の認知機能と睡眠・覚醒に及ぼす光療法の影響

認知症と光療法に関する報告が多いのには驚かされます。
認知症に対して光療法がどのように効果を発揮するかが徐々に明らかになり、
介護面での負担を軽減できる可能性が高いことには期待が持てます。

認知症と介護 - 認知症の昼夜逆転・せん妄と光療法 Pagetop

Copyright (C) 2007-2017 ブライトライト専門店 All Rights Reserved.