高照度光療法の総合サイト

高照度光療法の総合サイト > >
このサイトは高照度光療法の観点から、日本を元気にするための情報発信サイトです。一般の人を中心に、高照度光療法を専門としない医療従事者を 対象としています。高照度光療法がより多くの人に理解され、広く活用されることを 願っております。
光療法で日本を元気にしよう!

ところで 「 高照度光療法 」って何 ?

実はNHK等のメディアでも、光療法に関した番組を何度も放映しているのですが、
なぜか、知名度が今ひとつで盛り上がりに欠けています。
日本をもっと元気にできる有効な治療法にもかかわらず... (詳細はこちら)


高照度光療法の神秘

高照度光療法がどうゆうものか理解できましたか?
脳内メカニズムの点ではまだ解明されていない点もあるようですが、各学会の臨床実験では、その効果は様々な分野で既に確認されています。

光療法は、数多くの臨床試験が行われ、学会に参加してみると研究が盛んに行われていることが わかります。しかし、一般人にはあまりそれが伝わって来ないのです。インターネットで調べてみても、「起床したら、光りを浴びなさい。」、「光は身体のリズムに良い。」...という、いきなり途中説明が欠落して、その効果の程度も良くわからない情報だけが目に入って来ます。

単純に考えて、本州の冬の日の出は7時頃。それに対して、通勤時間に1〜2時間かかる サラリーマンや、朝の支度に忙しいお母さんは6時頃に起きている方が少なくないことは容易にわかります。日の出と起床時刻が反対なのです。起床したら光を浴びるとは何なんでしょう?また、夏でも、 真横から水平に浴びる光は紫外線が強く、特に女性には大変嫌がられます。

でも、睡眠障害で苦しんでいる方は、とにかく光療法が効果があるのなら是非とも試したいと言います。具体的に、どのような手順で何分間、太陽の方を向いていればよいのでしょうか?

このように、光療法に関する情報はまとまって整理されておらず、光を浴びろと言われても、そのやり方指示書のようなものも見あたらないのが実情です。知る人ぞ知る神秘の治療法を、少しでもわかりやすく受け入れられるように、このサイトでは、適応可能な症状とその臨床試験の実例や要約をできるだけ掲載し、少しでも皮膚感覚をもって理解できるようにしたいと思います。


高照度光療法と睡眠障害、そしてその広がり

まず、患者の立場としては、高照度光療法がどのような症状に有効かを知りたいですね。
光療法やカウンセリング、精神療法など、実際に医療現場で使われていても、一般人には、薬と違ってその効果がどの程度のものなのかは、なかなかわかりにくいのが実情です。

そこで、このサイトでは、実際の適応症例の概略説明に加え、学会やインターネットで 収集した文献、抄録集などをまとめて紹介し、一般の方がある程度その効果に関する理解を 深めるられないかと考えました。専門医の方が近くにおられれば一番良いのですが、 光療法の専門医はなかなか身近におられないのが現状です。

また、筆者はごく最近まで、光療法の主な適用症状は、概日リズム睡眠障害冬季うつ病高齢者の不眠アルツハイマー型認知症の徘徊夜勤・交替制勤務などが代表的な症状で、その他にもいくつかの症状があることは理解していました。ところが、代表的な適用症状の睡眠障害が、現代の社会情勢を反映して、様々な生活習慣病や精神病などにも関連していることが公的に明言されていることを知りました。その意味で、光療法にもその適用症状には大きな広がりの可能性があることを知りました。これらについても、兼板佳孝博士(日本大学医学部社会医学講座)のスライドをお借りしてデータを紹介いたします。

さらに、最近のメディア、特にNHKで紹介された睡眠障害に関する番組で、光や光療法に 関わる番組を紹介します。できるだけ最近のものを集めましたが、これまでも、多くの メディアで光療法は何度も紹介されています。ただ、光療法という言葉使われることが ほとんどないので、知名度が上がらず定着しにくいのかも知れません。


ところが、

2009年2月24日(火)、NHKの「おはよう日本」で、遂に光療法という言葉が紹介されました。
光療法を啓蒙推進する当委員会としてはひじょうに嬉しい限りでした。これを契機に、1人でも多くの方が 「光療法で元気な自分を取り戻す」 ことができればと願っています。





光療法推進委員会
◇ ホーム